タラバガニ 激安

タラバガニ 激安ならもうここしかありません

 

 

美味しいタラバガニ、どうせなら激安で美味しいのをたらふく食べたいものですね!

タラバガニは冬しか食べれないのでお鍋やかにしゃぶなどすごいおいしいですよ!
やはり活タラバは届いたらすぐ食べていただきたい。
しかし、どうしても冷凍するということであれば、まずカニ味噌を抜いていただき、えらなど全て外し、足を全部ばらばらにして乾燥しないように密封冷凍してもらうとそれほど味は落ちないですみます。

 

解凍後は焼きタラバや鍋、お味噌汁などにして楽しんでいただけたらと思います。

 

やはり、家庭ですと、ボイルするなど火を通してから、むき身にして冷凍されるほうが保ち(品質保持)はいいです。

 

タラバガニの分布としては、
日本海、オホーツク海、ベーリング海を含む北太平洋や北極海のアラスカ海岸、
ガラパゴス諸島、チリやアルゼンチン付近に分布しています。
日本の分布としては、
千鳥列島からオホーツク海、北海道の東部の太平洋岸、日本海です。
タラバガニが生息している環境としては、
稚ガニは集団行動で浅い場所に固まって生息していますが
成長すると深い場所へ単独で移動します。
水温が10度以下で、水の深さは30〜360メートルの底に生息しています。

 

タラバガニの名前の由来としていくつかあるそうです。
由来でもっとも有力なものは、
昔、北海道の日本海やオホーツク海などの、
魚の鱈の漁をしている時に一緒に多く獲られていました。
当時は名前がなく、鱈の漁の場所に見かけない蟹がいるということで
「鱈」の漁の「場」で獲れる「蟹」ということから「鱈場蟹」と呼ばれるようになった
という説です。
他の説としては、
当時はあまり商品の価値としては高くなく、
浜辺に捨てられ、山積みにされていました。
その山積みの蟹を「殻場」と言われていたことから
由来されているとも言われています。

 

 

タラバガニの保存
タラバガニは量もありますので、
なかなか1度では食べきれないと思います。
ですので、
保存方法を覚えておくと便利です。
足を保存する方法についてですが、
濡らした新聞紙で包んで袋に入れ、
冷蔵庫で保管すると良いです。
殻つきのままだと冷蔵庫に入らないっていう方は、
身をほぐして密閉容器にいれ、
レモン汁か酢を小さじ1杯程度かけて保存しますと、
3日くらいまで美味しく食べることができます。

 

 

 

タラバガニ ズワイガニのお取り寄せならここが一番美味しいよ!

 

タラバガニの足も美味しいし直送してくれます
タラバガニ価格値段も激安で美味しい!
詳細はここから↓


 

カニ蟹通販お取り寄せおすすめ人気ランキング最新版はここから